うつ病と不眠症

うつ病と不眠症とは密接な相関関係があります。
一般的なうつ病のイメージは、いつも塞ぎこんでいて寝たきり、休んだきりというものですが、それとは逆に病人の心には激しい葛藤が渦巻いています。常に絶えることの無い焦燥感、不安、イライラ、そうした感情を抱きながらも、何も出来なくなってしまう状態がうつ病なのです。そのため、ベッドに入って落ち着いている状態の時ほど、将来のことや、現状への焦りが募り眠れなくなります。そしてその不眠が症状をエスカレートさせていくという悪循環を生み出します。
周囲の人間に出来ることとしては、無理に治さなくてもいいと伝えてあげることと、本人が受け取る情報量を少なくしてあげることです。睡眠も含め、落ち着いて病気と向き合えるような環境を整えてあげましょう。

Continue Reading

若者にも多く見られる不眠症

不眠症は若者とは無縁と考えられるかもしれませんが、現代社会の発達を背景に若者であっても不眠症の症状が出る人が増えています。
原因として考えられるのは、勉強や受験等のストレスのほか、就職活動によるプレッシャーなどが挙げられます。有名な学校であれば受験の競争率も激化しており、就職率も悪い状態が続いていることから、精神的にダメージを受けやすい環境になっているといえます。またスマートフォンに依存することで不眠症になってしまうケースもあります。寝る前にずっと携帯を見ていると、寝付きが悪くなってしまったり、SNSなどによって絶えず友人から連絡が来るような環境になっていることも一因といえます。夏休みなどの長期休暇を挟むことで、生活リズムが乱れ不眠となるパターンもあります。

Continue Reading

不眠症になりにくい食事とは

現在の日本では、5人に1人の割合で不眠症に悩んでいるといわれており、若い年代の人でも悩まされている症状です。
日常の中で受けるストレスや、睡眠環境に問題がある場合が多いですが、食事に関しても見直すことで不眠が改善できることがあります。
まず飲み物に関してですが、カフェインなどは摂取しすぎないようにし、牛乳などを飲むと効果的です。牛乳には神経を落ち着かせる作用を持つ、タンパク質やカルシウムが多く含まれています。体内のリズムを整え、睡眠の質をあげることができるので、就寝前に温かい牛乳を飲むといいでしょう。
食べ物は、バナナがおすすめです。カロリーが低い割にタンパク質やビタミンを多く含んでいて、質の良い睡眠にかかせないセロトニンを生成する手助けを行ってくれます。

Continue Reading

音楽を聴いて不眠症を治す

ストレスによる精神的な疾患が現れた時に同時に不眠症を起こす人がいます。
これは強いストレスを受ける事によって交感神経が活発に動き、寝る時に働くべき副交感神経の働きが弱くなる事も原因のひとつです。
こういったトラブルを緩和させるにはストレスを溜めない事がもちろん一番ですが、すぐに解消出来るわけでもありません。
神経に働きかけて不眠症を解消する方法としてリラクゼーション音楽を聴くという方法があります。
耳から入る音は神経に直接働いて興奮させる事も落ち着かせる事も出来ます。
テンポがなだらかで自然と耳に入ってくるような音楽を聴きながら眠る事で副交感神経の働きも活発になり、不眠の症状もある程度は抑えられるでしょう。

Continue Reading

不眠症とカフェインの関係

何の問題もないのに不眠症になる人がいます。
特に、ストレスや精神的な問題が無い場合に不眠症になるようでしたら、一度カフェインを疑ってみる必要があります。
何気なく飲んでいる、コーヒーや紅茶が悪影響を及ぼしている可能性があります。
カフェインは、人によって効果の出方に差があります。
それほど影響がない人や、目が冴えて極度に覚醒する場合があります。
原因不明の不眠の場合には、コーヒーや紅茶などを飲む時間を変えてみるといいでしょう。
夕方18時以降はコーヒー・紅茶を控えてみてください。
もしよく眠れるようでしたら、カフェインが原因です。
コーヒー・紅茶以外にも、通常の炭酸飲料やエナジードリンクにも含まれていることがありますので注意が必要です。

Continue Reading

季節ごとの不眠症対策方法

不眠症でお悩みの貴方、その不眠症の原因が全部一緒だと思ってませんか?
実は違うんです。眠れないって時は季節事に理由が変わってくるんです。

まず、春の場合はどうでしょう?穏やかな気候で過ごし易い時期ですね?
でも、同時に花粉の時期でもあるんです。こいつが厄介。
花粉の付いた寝具で眠ろうとするとアレルギー反応で寝付けない。
では対策はどうしたら?寝具に付いた花粉をしっかり落としましょう。

夏は分かりやすく暑く寝苦しい季節です。
対策は簡単、クーラーを付けましょう。では有りません。風邪を引いてしまいます。
水で濡らしたスカーフやハンカチを首に巻いて見てください。
首を冷やすと凄く寝やすいですよ。

秋は温暖な気候これも過ごしや易い時期ですね。
でも、春と同様花粉の時期でも有ります。
やる事は春と同じです。寝具に付いた花粉をしっかり落としましょう。

冬は寒く寝る時も布団が温まるまで大変な時期ですね。
だからと言って、布団を何枚も重ねて寝ると布団の重さで寝苦しく、暖房を入れっぱなしだと乾燥の原因になります。
なので、寝る前にホットミルクを一杯飲みましょう。
これがかなり効くんです。

季節事の不眠症対策、簡単ではありますが以上です。

Continue Reading

不眠症は4つに分類される

不眠症というものは大きく分けると、4つの種類に分類されるのです。
入眠障害、中途覚醒、早期覚醒、熟眠障害の4種類になります!
では、それぞれ軽くご紹介しますね…

・入眠障害
この症状は、寝床についてもなかなか眠れないという症状のことです。
不眠症で悩む方の多くはこの症状と言われていますね…。自覚がないという方も多く、この記事読んでもしかしたらと言う方は入眠障害かもしれませんね。
この症状は軽い不眠症の部類にはいるので、対策を行なえば簡単に治まることもあります。

・中途覚醒
この症状は、何回も夜中に目覚めてしまうことを指しています!
寝れることは寝れるのですが、何回も目覚めるため十分な睡眠時間が取れないのです。
おもに頻尿などの原因だと言われています。改善もなかなか難しいとも言われていますね!

Continue Reading

不眠症の分類、残りの2つについて

前回は、入眠障害、中途覚醒をご紹介しましたが、残りの早期覚醒、熟眠障害の種類について。

・早期覚醒
早期覚醒というものは、中途覚醒と兄弟のような関係でこちらは目覚めるのが早く、その後は眠れなくなるということになるのです。
ですから、1度目覚めるとさっぱり眠くならないので、朝何時に目覚めるかで睡眠時間が大きく変わるというものなのです。おじいちゃん、おばあちゃんに多い症状です。

・熟眠障害
この症状は少し厄介で、眠れることは眠れるのですが、深い睡眠が取れない状態になるのです!
たっぷり、睡眠時間は取れているのに眠くなるという症状が出るので、はじめのうちはこの障害に気がつかないことも…!?
イビキを掻く人は、眠りが浅くなるのでこの症状になるのです。

Continue Reading